未分類 0 Comments

腸内で生息しているビフィズス菌の活動が高まっていると便秘になりにくい状態になっていると言えます。そのためにはこの菌が必要としているえさを与えてあげることが大切です。その餌はオリゴ糖ですオリゴ糖は食品に含まれているもので、自然由来の成分です。そのためケミカルなものではなく、毎日体の中に入れても体調を崩したりする心配がありません。そのため毎日摂取していくことが重要になります。健康は1日程度の努力で改善されるものではありません。毎日の積み重ねによって徐々に変化をしていくものです。そのためオリゴ糖も少しずつでいいので毎日継続して摂取していくことが大切です。そうすれば善玉菌の働きが活発になり、腸内環境が整っていきます。結果として便秘を改善していくことができるのです。

オリゴ糖は大豆製品や牛乳、玉ねぎなどの野菜などに多く含まれています。またオリゴ糖もいろんな種類があり、ビフィズス菌でもそれぞれ求めるオリゴ糖が異なります。そのためいろんな種類のオリゴ糖を摂取することが大切です。上手な摂り方としては、いろんな食品を利用し、違ったオリゴ糖を摂取することが基本となります。また同時にオリゴ糖を多く含む食品が取れない場合にはオリゴ糖サプリメントや健康食品をときどき利用していくと継続的にオリゴ糖の摂取が可能になります。