未分類 0 Comments

健康な体の方ならほぼ毎日排便があるものですが、便秘になってくると数日排便がないのは当たり前になってしまいます。中には週単位で便通がない方もいます。このように便秘になってしまうと健康や美容上で悪影響を及ぼしてしまうようになります。その原因として挙げられるのは腸内で生息している善玉菌の働きが悪いためというのがあります。善玉菌とは大腸の中で働いている菌類ですが、この善玉菌が活発に働いていると、便秘時に活発に動く悪玉菌の働きを抑えることができるのです。ですからこの善玉菌の働きを高めていくことで便秘の状態を改善していくことができるのです。

善玉菌はいろんな種類があります。中でも有名なのはビフィズス菌です。ビフィズス菌は実は1種類だけではなく、いろんな種類があるものです。そんな何種類もあるこの菌が活発に働いていけるように環境をまずは整えていくことが重要になります。そのために大切なのは、消化に時間がかかり、大腸の環境を悪くする肉類を多く食べ過ぎないことです。また脂質も消化に時間がかかりますし、あまり多く摂取すると下痢をしたり、大腸の状態を悪くしたりします。それによってビフィズス菌の働きが悪くなります。まずはこういった食品の過剰摂取を避けることです。同時にこの菌のえさとなるオリゴ糖を積極的に摂っていくことが大切です。